ケーキハウス・ツマガリ:甲陽園のお菓子工房

  • カタログご請求
  • メインコンテンツにジャンプする

ツマガリなんでも事典

サービスについて

お客さまを思いやる心

思いやりの心が付加価値をつくる。

「おいしさ」だけでなく「食べやすさ」も。

本店で販売している生菓子のなかに、大きな桃を半分に切ってまるごと乗せたタルトがありました。桃がおいしい季節にだけ作れるピーチタルトというお菓子です。

しかし、試食しようとすると桃が大きすぎて、フォークではうまく食べられない。
「これ、お客さまはどうやって召し上がると思う?食べにくくない?」
スタッフに聞いてみると、「そういえば・・・」と気づいた様子。
そこで、スライスした桃を重ね合わせてタルトの上に盛ることにしました。
「これなら食べやすい」と全員が納得。
「もっとおいしく」を追求するあまり、お客さまが召し上がる場面をリアルに想像できなかったのかもしれません。

満足感をご提供するために大切なこと。

しかしながら、お客さまが商品をお求めになられて、持ち帰って召し上がり、最後に箱や紙袋を処分するところまでが本当のサービス。そのすべてのプロセスを考えることが大切です。

たとえば、お持ち帰りの際には、お菓子ができるだけ崩れない工夫をする。お土産なら紙袋の枚数をお聞きする。梱包材はできるだけ燃えるゴミになるように。
お菓子を買う側に立って徹底的に考えると、つくる側には見えなかったことがどんどん見えてきます。
「思いやりの心」を持ち続けることは、商品に付加価値を与えてくれることなのです。

お菓子にかくされた小さな工夫

クッキー個包装の袋

クッキー個包装の袋
三層構造になったビニール袋が、クッキーの品質を守るとともに、おいしい香りも逃がしません。

手作りラッピングギフト

手作りラッピングギフト
クッキーが入っている入れ物は、ポーチやミトンなど、長くお使いいただけるように工夫をしています。
メインコンテンツに戻る