ケーキハウス・ツマガリ:甲陽園のお菓子工房

  • カタログご請求
  • メインコンテンツにジャンプする

ツマガリなんでも事典

お菓子づくりについて

おいしさの追求

毎年おいしくなるキングオブパンプキン!

毎年、かぼちゃ選びから始まる。

ハロウィンの時期になると必ず登場する人気のパイ、キングオブパンプキン。毎年恒例のお菓子とはいえ、商品として完成するまでにはかなりの時間を費やします。
まずは、メインの材料となるかぼちゃを全国の産地から取り寄せ、香りや旨みを比べて今年の一番を決定。かぼちゃの蒸し焼き具合はどのようにするか、合わせる生バターの配合は・・・?
何度も試行錯誤をしながら、やっと思い描いていた完成形に近づいていくのです。

味見千改、美味夙願
(味をみて千回改良し、おいしさを追求していく)

これは、ツマガリ社長の言葉。たとえ20年も続くロングセラーであっても「これで終わり」ということはあり得ないと、社長は言います。
何度も食べてみて「ん?どうかな?」「オーブンの温度を1℃上げてみたら、パリッとした食感が増すのでは?」と、思いついたらすぐに試してみる。そんなことをずっと繰り返しています。

夙願とは社長の造語で、心の中にもち続けてきた強い願いを意味します。おいしいお菓子をお届けしたい。その思いは、これからもずっと消えることはありません。

さらにおいしくなったお菓子をご紹介

キングオブパンプキン

キングオブパンプキン
なめらかな口溶けと、シシリー産アーモンドのマジパンとの絶妙なハーモニーにうっとり。今年は渾身のできばえです。

じゅくまえに

じゅくまえに
自社挽きのシシリー産アーモンドをたっぷり使うことで、さらにグレードアップ。
よりしっとりと、上品な香りが広がるお菓子になりました。

※季節限定お菓子の販売時期は、その年によって多少異なります。詳しくはオンラインショップをご覧ください。

メインコンテンツに戻る