ケーキハウス・ツマガリ:甲陽園のお菓子工房

  • カタログご請求
  • メインコンテンツにジャンプする

ツマガリなんでも事典

商品について

繰り返される商品改良

ほぼ365日、いつも何かの試作+試食をしています。

新作だけじゃない。定番商品もいつも改良中!

たとえば、フランス産で香りがしっかりした小麦粉。それを「焼菓子に使ってみたらどうか?」という試作が始まりました。最初に試したのが「じゅくまえに」というマドレーヌ。今まで使っていた小麦粉にどの程度加えるかを絞っていきます。

「今週は80%で焼いてみました」と、毎朝試食が運ばれてきます。次の週には70%配合が待っており、それが仮に60%〜50%あたりに絞られると、そこからより細かな数字での試作が行われます。
焼きたての「じゅくまえに」が食べられるのは嬉しいものの、毎日それを繰り返すのはなかなかの試練でもあります。

それでも一週間ずつ同じ配合で味見をするのは、食べる人の体調などに左右されないため。試食はとても大切な仕事なのです。

改良を続けてこそ、お菓子はおいしくなる。

それは、ツマガリ社長が常に言っている言葉です。
「今日完成だと思っても、明日にはまた新しいおいしさの可能性がある」。
もうこれでいいかと諦めてしまうと、そこからは何も進歩しなくなる。改良をし続けることが大切なのだと社長は言います。
「さらにおいしく」を追求する限り、素材はより良いものを選ぶことになり、たとえ手間やコストが増えたとしてもそれは改良を止める理由にはならないのです。

ようやく配合が完成した「じゅくまえに」は、さらに香り高く風味豊かになりました。
「そしたら、次はバターカステラで試していこうか」。
同じような試作がまた繰り返し行われていきます。

フランス産小麦粉でさらにおいしくなったお菓子

じゅくまえに

じゅくまえに
オリジナル発酵バターが豊かに香る、人気のマドレーヌ。子どもだけでなく大人にも人気の定番お菓子です。

バターカステラ

バターカステラ
卵とハチミツだけの一般的なカステラに、オリジナル発酵バターを加えてリッチな味わいに仕上げています。
メインコンテンツに戻る