ケーキハウス・ツマガリ:甲陽園のお菓子工房

  • カタログご請求
  • メインコンテンツにジャンプする

甲陽園だより

子供の時間、大人の時間

今日から9月。まだ残暑は厳しいものの、朝晩は涼しい風が吹くようになってきました。夏休みも終わって、甲陽園本店の前をランドセル姿の子供たちが駆けていきます。真っ黒に日焼けした子、夢中で友達と話しながら歩いていく子、そんな様子を眺めているといつまでも飽きないものです。

子供の時間、大人の時間

「子供の頃より、大人になってからの1年が早く過ぎるのはなぜだろう?」とよく聞きます。その理由にはいくつか説があるようですが、納得できるのは「子供の頃は毎日が発見の連続だから」という話。つまり感動することが山ほどあって、記憶に刻まれるページも山ほどあると充実して長く感じるというわけです。

確かに、それは小さな子供を見ていると分かります。新しい言葉を憶えたり、見たことのない虫や花、初めての唄、初めての友達・・・。目の前で繰り広げられるたくさんのドラマに、いつも目を丸くして感動し、大声で笑ったり泣いたり。もう毎日、全身全霊でいろんな物事を吸収しているのですから。

それに比べると、大人たちの新たな発見は少ないかもしれません。いつもの道を通って、いつもの会社に通って・・・と、過ごしている時間の長さは同じでも、感動の振り幅が狭くなっているのでしょう。
とはいっても、何も落胆することはないのです。きっとあなたの毎日の中にも、まだまだたくさん未知の世界が隠れています。一生のうちに出会える人たちは地球上のほんの一握りですし、自分が知っていると思っている物事でも本当は見えていないこともあるのです。
たまには子供たちを見習って、よーく目を開き、耳をすまし、もっと近づいてみると、新たな世界を発見できるはず。そうやっていつもワクワクしながら過ごしていると、人生という時間の幅が果てしなく広がっていくように思います。

しらかば

しらかばの紹介ページへ

しらかばは、フルーツケーキの上に、軽やかな口当たりのダックワーズ生地をのせたケーキ。
りんご、パイナップル、オレンジピール、レーズンを入れて焼き上げた、香り豊かなフルーツケーキにダックワーズ生地をのせて、もう一度焼き上げます。ダックワーズとはアーモンドの粉にふわふわのメレンゲ加えて、柔らかく焼き上げた焼き菓子のこと。
二度焼きすることで、しっとりフルーツケーキと、アーモンド生地の独特の風味がほどよく影響し合い、絶妙なハーモニーを奏でます。

メインコンテンツに戻る