ケーキハウス・ツマガリ:甲陽園のお菓子工房

  • カタログご請求
  • メインコンテンツにジャンプする

甲陽園だより

一期一会

「今日は、これからお出かけですか?」
「ええ、家族が入院したので、看護婦さんにシュークリームをね」
「それはご心配ですね」

一期一会

そんなやり取りの横では、お母さんに連れられた小さな男の子が怪獣図鑑を熱心に読んでいます。
またその横では、「買い物して30分くらいで戻ってきますので、ケーキ置いといてもらえます?」
「はい、いってらっしゃいませ」
決して広くはないツマガリの店内ですが、いつもこんな会話が飛び交っています。

最近は、コンビニやスーパーが充実してきたこともあり、買い物に出ても会話をする機会は少なくなりました。昔は野菜を買うなら八百屋さんが「今日のトマトはおいしいよ!」とか、豆腐屋へ行くと「ひとつオマケね」とサービスしてもらってニコッとしたりなんていうことがあったものです。

通りすがりの人や近所の人と、ちょっとした挨拶や天気の話をすることは、面倒だったりムダな時間だと思う方もいるかもしれません。でも、そんな日常のささいな出来事の中に、実はホッとさせられたり、ちょっと嬉しくなったりする種があるような気がします。人との出会いはどれも偶然ではないのですから、どんな会話にも意味があると思うのです。

私がこの甲陽園にお店を開いてから20年が経ちましたが、その間にもたくさんの方たちと出会ったり、いろんな出来事が起こりました。どれもとても大切な思い出になっています。そんな嬉しい気持ちを表現したくて、ツマガリのお菓子には甲陽園の街や人の名前をつけているのです。

甲陽園さくらんぼ

甲陽園さくらんぼの通販ページへ

今月は焼き菓子「甲陽園さくらんぼ」。赤い実を鈴なりにつけた果樹園のさくらんぼ。そんなイメージを、太陽の光が明るく降り注ぐ甲陽園の自然に重ねて名付けました。
オリジナル発酵バター、ビターテイストアーモンド、お酒に漬け込んだチェリーが絶妙なハーモニーを醸し出します。

メインコンテンツに戻る