ケーキハウス・ツマガリ:甲陽園のお菓子工房

  • カタログご請求
  • メインコンテンツにジャンプする

甲陽園だより

いいものはゆっくりと作る

「早くて簡単!」そんな売り文句とともに、世の中には便利な商品が溢れています。家電製品、インスタント食品・・・。でも本当は、そんなに急がなくてもいいものって結構あるんじゃないかと思います。

私が思うに、物事にはそれぞれが持ち合わせたスピードがあるはず。
例えば、新幹線で旅行をすると、いくら到着時間が早くなって快適なシートでも、体はやはり疲れたなぁと感じます。それは、人間が自分で移動できる距離を大幅に超えているからじゃないかなと思うのです。

果物や野菜だって、早めに収穫されてスーパーに並んだものよりも、畑でじっくりと熟して食べ頃になった方が間違いなくおいしい。
人間も植物も、その他のすべてのことも、本来持ち合わせている固有の速度があって、それはやはり大切にしなければいけないと思います。

お菓子を作るときも同じこと。たとえば、果物の甘煮をつくるときは、砂糖を少しずつ加えながら、ゆっくりじっくり糖度を上げていきます。一気に砂糖を入れてしまうと、果物の皮が破けてしまったり、素材本来の旨みが引き出せなかったりするので、慎重に糖度計で計りながら何日もかけて煮ていくのです。

そうやって、素材と語り合いながら作った甘煮は、時間をかけただけのおいしさを備えてくれます。たとえ時代の流れに逆行しても、いいものはゆっくり作る。
便利さなんて足もとにも及ばないくらい、本物のおいしさをお届けするために。

「マロン・ド・ショコラ 大地のめぐみ」

今月のお菓子は、「マロン・ド・ショコラ 大地のめぐみ」

今月は、チョコレート生地に国産渋皮栗がごろごろ入ったお菓子、「マロン・ド・ショコラ 大地のめぐみ」。
スイス修業時代に学んだチョコレート作りを、さらに深化させた自社製ショコラ。それをチョコレート生地に加えることで、あと味までぐーっと伸びるような力強さが加わりました。国産の渋皮栗、チョコ生地、パイ生地の見事なバランスをどうぞご賞味ください。

メインコンテンツに戻る