ケーキハウス・ツマガリ:甲陽園のお菓子工房

  • カタログご請求
  • メインコンテンツにジャンプする

甲陽園だより

小さな幸せって、実は大きい

どんな小さなこともで喜べる人は、他の人よりたくさんの幸せを感じていることになるでしょう?

「今日は、夕焼けがきれいだ」とか
「雨降りだけど、お気に入りのレインシューズで出かけよう」とか
「金曜の朝は、おいしいコーヒーが飲めるカフェに寄り道」とか・・・。

他人が聞いたら「何だそんなこと」と思うかもしれませんが、それでもいいのです。本人は至って気分が良いのですから。

もちろん、世の中にはもっと大喜びする出来事もあります。宝くじに当たるとか、南の島に別荘を買ったとか・・・。しかし、長い人生のうちで、そうそう起こることじゃない。

それなら、毎日の生活のなかで、小さな喜びをたくさん感じられる方が、やはり幸せなんじゃないかと思うのです。ちょっといい気分が長続きする方が、表情豊かな顔になっているはず。

そういう人たちに共通するのは、謙虚な心の持ち主だということ。小さなことに感謝して、素直に世の中を見ている人が多いように思います。

日本列島は、まだまだ梅雨半ば。湿気が多くて過ごしにくい日が続きますが、そんななかでも、ちょっとした幸せを探してみませんか?
そうそう。ベランダのあじさいが、今年はもう6つも大きな花を咲かせました。

「南高梅の種ごとタルト」

今月のお菓子は、「南高梅の種ごとタルト」

しっとりしたアーモンド生地の中から、梅の薄い皮を突き破って透き通った果肉がとろり。それと同時に、キュッと引き締まるような心地よい酸味。梅の花のようにかぐわしい香りがほのかに漂います。
旨味を逃さないよう自社で丁寧に炊いた種つきの梅と、その味わいをしっかりと支える、アーモンド生地とパイ生地とのバランスは絶妙です。
午後のティータイムに、ちょっとした幸せを感じていただけるお菓子です。

メインコンテンツに戻る