ケーキハウス・ツマガリ:甲陽園のお菓子工房

  • カタログご請求
  • メインコンテンツにジャンプする

甲陽園だより

味が高い

近頃は「高い」という言葉をよく耳にします。
小麦や牛乳など材料が高い。ガソリンが値上がりして輸送費が高い。その影響で商品の値段も高い。なんだか嬉しくない「高い」が増えていませんか?

味が高い

でもこんな時だからこそ、私は「味が高い」にこだわりたいと思っています。
ピンと来ない表現かもしれませんが、味が高いとはおいしさの質が高いという意味です。

おいしいという感覚には、好みやセンスが影響します。たとえば、一切れのロールケーキを、ある人はこれが一番おいしいと思うけれど、違う人は他のお店の方がおいしいと思うかもしれない。それは当然のことです。
けれども、おいしさの質がもっともっと高くなると、比較するよりも前に、とにかく「おいしい」ことを認めていただける。目の前のおいしさに感動してもらえる。
お菓子職人である以上は「味が高い」お菓子を作り続けたいと思うのです。

ところで皆さんは、本当においしい柿を食べたことがありますか?
野山でのびのびと育った完熟の柿です。子どもの頃に山で遊んでは、もぎたての柿を頬ばったものですが、おいしい柿には何とも言えないおいしい香りがあります。もちろん柿だけでなく、りんごやアーモンド、すべての食材に。

そして、それは人にも会社にも同じことが言えると、私は思うのです。
いい人にはいい香りがある。いい会社にはいい香りがある。

「値段が高い」ではなく「味が高い」お菓子。それを追求していくことで、いい香りのする洋菓子屋でありたいと思っています。

オレンジクグロフ

今月のお菓子は、オレンジクグロフ

今月は、オレンジクグロフ。フランスで愛されている伝統的なお菓子を日本人好みに仕上げました。
クグロフとは、中心に穴の開いた特有の型で焼いたお菓子。元々はオーストリアの伝統菓子でしたが、かのマリー・アントワネットがフランスに嫁いだことからフランスで広がったともいわれ、今も多くの人に愛されているケーキです。
それを日本人好みにアレンジ。肉厚のスペイン産オレンジを使った自家製オレンジピールをたっぷりと加えて、自家挽きアーモンドバターケーキとフルーツを混合した、香り豊かなオレンジクグロフです。

メインコンテンツに戻る